海宝丸HP
海宝丸のホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

沖止めについて

風は少し落ちてきましたが
うねりが残り波の状況はまだまだ回復には時間がかかりそうです((+_+))


さて今日は沖止めについての説明


海宝丸は漁業組合には所属しておりませんが
地域との調和を含めて
船頭の住所地「須津地区船頭会」基準で沖止めを設けています。


①正月の沖止め
毎年1月1日~1月4日までの4日間

②春祭りの沖止め
4月第3週土・日曜日の2日

③夏祭りの沖止め
7月第3週土日の2日間

④盆の沖止め
8月のお盆期間中(週周りにより変動があります)

⑤秋祭りの沖止め
10月第3土日の2日間

この期間についてはご予約をお受けできませんので
予めご了承くださいませm(__)m

あともう一つの沖止め
これがいつ来るかわからない
出来れば来てほしくないのですが。。。

⑥同地区内においての不幸による沖止め
通夜・葬儀の2日間
仮通夜がある場合は3日間

この場合予約を受け付けしていても「海宝丸」は沖止めになりますので
提携遊漁船もしくは近隣漁師船(遊漁船許可のある船)への変更
空きがない状態であれば最悪出港中止となります。

ここからは余談になりますが。。。

浄土真宗でいう「後生の一大事
我や先。。。人や先。。。
来てほしくはないけど必ずやってくる。。。

このあたりではもし不幸があった場合「近所の方」が
大勢来るお客さんに備えて1階の荷物をすべて
”その家の二階”もしくは”近所の家”に移します。
この時には”家の人間が不在”でもなんです(^^)/

生前中にこのような約束がなされているので
ひとりぐらしでも安心して
「後生の一大事」に備えることが出来ているのです(^^)

広島にいた時にはなかった「地域の決めごと」は
他にもたくさんあって
「祝儀の金額やお布施の金額」
「新造船のお祝い=酒2升」
「中古船のお祝い=酒1升」
など細かいことまで集会所でみんなで毎年状況を見ながら修正したり
話し合って決めているんです(^^♪


「限界集落」ならではの「つながり
個人的にはこの制度は賛成です(^^♪
ここでの近所の付き合いは
親戚なんかよりももっと濃い
身内付き合い」が存在しているんです( ^^) _U~~
みんなが親しみをこめて
「兄様(にいさま)」「姉様(ねえさま)」と呼び合い
冬の強風に身を寄せ合って暮らす海沿いの小さな集落

”尊敬”と”愛着”をこめて
海宝丸は沖止めを実施しています( ^^)

お客様にはご迷惑やご不便をかけることもあろうかと思いますが
どうぞご理解のほどお願いいたします。
スポンサーサイト

| 営業案内 | 08:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT